MOM by Charlie Engman

アメリカ人フォトグラファー、チャーリー・エングマン(Charlie Engman)の作品集。この作品の主人公が誰かはタイトルを見れば分かる。キャスリーン・マッケイン・エングマン(Kathleen McCain Engman)は、2009年から息子チャーリーのためにポーズをとってきた。彼女のそばかすだらけの顔立ちと強烈なまなざしは見慣れたものになっても、イメージの中で彼女がどんな役割を演じているのかはますます理解出来なくなっていく。作者が最初に自分の母親を撮り始めたのは、いつでも撮影がし易いことに加えて、自分の息子の要求に応えようと頑張ってくれるからであった。しかし、気軽で有機的なものとして始まったプロセスは、内容の濃いコラボレーションへと発展していった。こうして出来上がったものは、家族アルバムでも息子による母親の賛美でもなく、はるかに深く複雑な相互作用だった。本作は、親密さの限度、役割と描写のルールと境界線、脆弱性とコントロール、そして見ることと見られることの意味を問いかけている。

The book’s title reveals the identity of its protagonist: Kathleen McCain Engman has been posing for her son Charlie since 2009. And yet MOM shows us a face we never really get to know: while we soon become acquainted with her freckled complexion and intense gaze, her position in the images becomes increasingly unclear. Engman first began shooting his mother because she was available, ever-willing to meet the demands of one of her children. But what began as a casual, organic process evolved into an intense collaboration. The result is neither a family album nor a filial tribute but a much deeper and far more complex interaction: one that raises questions about the limits of familiarity, the rules and boundaries of roles and representation, vulnerability and control, and what it means to look and to be seen.

by Charlie Engman

REGULAR PRICE ¥7,000

hardcover
220 pages
205 x 275 mm
color
2020

published by EDITION PATRICK FREY