KERAMIKOS by Matthew Lutz-Kinoy, Natsuko Uchino

アメリカとフランスを拠点に活動するアメリカ人アーティスト、マシュー・ルッツ・キノイ(Matthew Lutz-Kinoy)とフランスを拠点に活動する日本人アーティスト、ナツコ・ウチノ(Natsuko Uchino)の作品集。本書は、2010年以降に作者らがろくろ制作やプレス成型した皿、ボウル、ピッチャー、オイルジャーなどに、ペイントを施した300点の作品の写真を収録。一部の作品には、イスパノ=モレスク陶器、ビザンチン、イスラム、韓国の陶器から着想を得て、それらをモチーフに、社会、宗教、政治、スタイル、技術などの概念を探求する二人の膨大で複雑なリサーチによる物語的な解説を掲載。各プレートの表面と裏面はページをまたいで同じ位置にレイアウトされている。充実したインデックスに加え、本書の編集も手がけた作家兼キュレーターのニコラ・トレンブリー(Nicolas Trembley)のインタビューも掲載。2012年から2013年の間に、コペンハーゲンのシャーロッテンボー現代美術館、バーデン=バーデン州立美術館、バーゼル市立現代美術館、フローレンスのヴィラ・ロマーナで展覧会を開催。2021年3月には東京の「タカ・イシイギャラリー」で展覧会「Keramikos」を開催している。

The Keramikos book presents front-and-back photographic records of 300 painted pieces that artists Matthew Lutz-Kinoy and Natsuko Uchino produced since 2010 - including plates, bowls, pitchers and oil jars. Some objects are accompanied by narrative descriptions that present aspects of the duo's vast and complex research exploring notions of society, religion, politics, style and technique through the long history of ceramic production motifs from Hispano-Moresque, Byzantine, Islamic and Korean ceramics. Each plate is printed on the recto side with its reverse shown in the same position on the verso side of the same page. An extensive index completes the book as well as an interview with the artist and curator Nicolas Trembley. In 2012–13 the artists shared the exhibition, Keramikos which toured to the Kunsthal Charlottenborg (Copenhagen); Kunsthalle (Baden-Baden); Elaine Museum für Gegenwarts Kunst (Basel); and Villa Romana (Florence).

by Matthew Lutz-Kinoy , Natsuko Uchino

REGULAR PRICE ¥6,380  (tax incl.)

hardcover
192 pages
200 x 300 mm
color
2021

published by WALTHER KÖNIG