ISLAND ZOMBIE: ICELAND WRITINGS by Roni Horn

よく聞かれますが、自分でもどうしてアイスランドを選んだのか分かりません。最初に通いはじめた理由や、なぜ今も訪れているのかも。実を言うと、アイスランドが私を選んだのだと思っています」―序文より

アメリカ人アーティスト、ロニ・ホーン(Roni Horn)の作品集。作者が初めてアイスランドを訪れたのは1975年、19歳の時だった。その時から作者は1本の木も生えていない荒涼としたアイスランドの大地に魅せられ、作品を作り続けてきた。詩情溢れる考察、挿絵、逸話、イラスト入りのエッセイを通じて、生涯をかけて見つめてきたアイスランドの自然の本質を表現した1冊。これらの要素が1つになって、手つかずの自然が残る地が持つ、言葉では言い表せない抗いがたい力を探求した、いつまでも心に残る世界観を形成している。また、1つの島とその雰囲気が長い時間の中でいかにして作者の心の核を占めるようになっていったのかが書き表されている。 今ここに存在することについての瞑想であるこの本で作者は、深い意味を持つものから楽しいもの、不条理なものまで、自らの体験を生き生きと語っている。暴力的な風、攻撃的な鳥、氷山の圧倒的な存在感、様々な形であらゆるところに存在する水といった自然現象と変動する気候を切り取った鮮烈な描写から、アイスランドが作者の創造と精神の生活になくてはならない場所であり続けてきたことが伝わってくる。この島のドラマティックな風景は自給自足や孤独について考えさせる。作者の思索は、エル・グレコ(El Greco)、エミリー・ディキンソン(Emily Dickinson)、ジュディ・ガーランド(Judy Garland)、ウォレス・スティーブンス(Wallace Stevens)、エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)、ウィリアム・モリス(William Morris)、レイチェル・カーソン(Rachel Carson)などの文化人に通じるものがある。自然の崇高なエネルギーを芸術に昇華する一方、アイスランドの大自然を脅かす工業化や人工物を通じて、作者は消費、破壊、喪失といった問題に向き合っている。 未知のものに出会う感覚をかき立て続ける、外界とは切り離れされたこの地に寄せる想いに満ちた本作には、いつの時代も新鮮で、かけがえのないものであり続けるアイスランドの野性的な美しさが描き出されている。

I’m often asked, but have no idea why I chose Iceland, why I first started going, why I still go. In truth I believe Iceland chose me.—from the introduction


Contemporary artist Roni Horn first visited Iceland in 1975 at the age of nineteen, and since then, the island’s treeless expanse has had an enduring hold on Horn’s creative work. Through a series of remarkable and poetic reflections, vignettes, episodes, and illustrated essays, Island Zombie distills the artist’s lifelong experience of Iceland’s natural environment. Together, these pieces offer an unforgettable exploration of the indefinable and inescapable force of remote, elemental places, and provide a sustained look at how an island and its atmosphere can take possession of the innermost self. Island Zombie is a meditation on being present. It vividly conveys Horn’s experiences, from the deeply profound to the joyful and absurd. Through powerful evocations of the changing weather and other natural phenomena—the violence of the wind, the often aggressive birds, the imposing influence of glaciers, and the ubiquitous presence of water in all its variety—we come to understand the author’s abiding need for Iceland, a place uniquely essential to Horn’s creative and spiritual life. The dramatic surroundings provoke examinations of self-sufficiency and isolation, and these ruminations summon a range of cultural companions, including El Greco, Emily Dickinson, Judy Garland, Wallace Stevens, Edgar Allan Poe, William Morris, and Rachel Carson. While brilliantly portraying nature’s sublime energy, Horn also confronts issues of consumption, destruction, and loss, as the industrial and man-made encroach on Icelandic wilderness. Filled with musings on a secluded region that perpetually encourages a sense of discovery, Island Zombie illuminates a wild and beautiful Iceland that remains essential and new.

by Roni Horn

REGULAR PRICE ¥5,500  (tax incl.)

hardcover
256 pages
240 x 165 mm
color, black and white
2020

published by PRINCETON UNIVERSITY PRESS