IN VENETO, 1984-89 by Guido Guidi [SPECIAL EDITION]

イタリア・チェゼーナ出身のフォトグラファー、グイド・グイディ(Guido Guidi)の作品集。ヴェネツィアの都市メストレの店先のブラインドの隙間から覗いている大きな瞳のイメージから本書は始まる。何かを警告するように見開かれた目は、写真とはそもそもどういう存在だったかを伝えている。本書は、1984年から1989年の間にディアドルフ 8x10で撮影した未発表の写真作品からセレクトされ収録。作者が1つのプロジェクトを通じて大判カメラを使ったのはこの時が初めてである。本作の主題であるヴェネト州中心部のとある地域は、ある時から急速に変化したことで知られる。うつろいやすく不安定なランドスケープが姿を現し、ヒエラルキーのない自由な空気が流れるようになった。無秩序な都市の拡大という変化のプロセスは、イタリアの広々とした田園地帯に深い爪痕を残した。トレヴィーゾ、ヴィチェンツァ、パドヴァそしてヴェネツィアと様々な場所を作者は訪れたが、まるで同じドローイングの一部でもあるかのようにどのイメージも一様に描かれている。人々に愛されてきたイタリアの街を写した作者の写真は、アメリカを代表する写真家、ロバート・アダムスが『Beauty in Photography』で語った「3つの真実」―地理、歴史そしてメタファー― を今再び呼び覚ましているようである。

Guido Guidi's book, In Veneto 1984-89, opens with a big eye framed in the blind of a shop window in Mestre, an eye which, by opening like a sort of warning, announces the origin of photography itself. This book contains a selection of hitherto unpublished photographs that Guidi took between 1984 and 1989, using a Deardorff 8X10. This was the first time he had used a large format camera for a whole project, which concentrated on an area in the central Veneto, an area known for having rapidly turned into a deeply uncertain, marginal landscape, one intimately hierarchy-free. The places he visited, in the provinces of Treviso, Vicenza, Padua and Venice, seem to be almost part of the same drawing, of the same place, bearing stark testimony to the process of change that has led to the transformation of a huge rural area, driving it into a form of fragmentation known as urban spread. The photographs in these much-loved places seem to re-evoke the three truths described by Robert Adams in “Beauty in Photography”: geography, biography, and metaphor.

by Guido Guidi

REGULAR PRICE ¥42,000

hardcover in a slipcase
including a print signed and numbered by Guido Guidi

64 pages
240 x 300 mm
color
limited edition of 150 copies
2019

SPECIAL EDITION
FIRST EDITION, FIRST PRINTING
SIGNED & NUMBERED BY GUIDO GUIDI

published by MACK