ICONOGRAPHY - XXV Figures of Jeanne Damas by Vincent Ferrané

フランス人フォトグラファー、ヴァンサン・フェラーネ(Vincent Ferrané)の作品集。美しさの基準を構造化する「芸術的カノン(aesthetic canon)」という言葉の中で「カノン」は「規則」の概念を意味している。しかしながらこれらの規則はどこかに明記されているわけではなく、これが定める内容は時と共に移り変わる。美の表現とは、美学的の範囲であることはもちろんだが、文化的・社会的なものである。いわゆる「イットガール - モデル - ビジネスウーマン」と呼ばれるジャンヌ・ダマス(Jeanne Damas)は、理想の女性の現代的な側面を幾つも体現している。絶大な人気を誇るダマスのグローバルな影響力は、ソーシャルネットワークが誕生した現代以前には考えられないものだった。その上ダマスは、自分自身の生活を撮った写真を投稿することによって自己のイメージを作り上げた。そこにはお気に入りのもの、スタイリングやメークの仕方、自身のブランドの洋服やコスメが写っている。本作のきっかけとなったのは、ニュートラルな背景でダマスに自分自身を再演してもらうというアイデアだった。以前と同じジェスチャーやポーズをとってもらったり、ファンやメディアが高く評価しているダマスのイメージを不動のものとしている、写真の中の要素や象徴的なツールを再び使ったりしている。このパブリックイメージこそ、ダマスをファッションアイコンたらしめているものである。こうしてできた作品は、身体の表現に関する研究、ある種の調査、あるいは証拠の探求というべきものだった。肉体、もの、ツールで構成された不思議なパズルのようでもある。ここでは、シュルレアリスムにおける作品の共同制作の手法である「優美な屍骸」を用い、これらの芸術的な暗黙の了解事項が表現されている。言い換えれば、古典期に見られるポーズの「コントラポスト」、イスラム教国宮中の女奴隷「オダリスク」の姿、映画の中で危険な魅力を放つ煙草を持った「ファム・ファタール」、ポップアートへの言及を用い、セルフィーを撮るときのポーズというよりは洋服のオンラインストアで見られる身体表現などが取り入れられている。

In the expression ”aesthetic canon” which structures the standard of beauty, the term ”canon” refers to the idea of « rule ». These rules, however, inscribed nowhere, enact in a changing way the representation of the beauty in its dimensions certainly aesthetic but also cultural and social. Jeanne Damas is a so called successful « It girl-model-businesswoman » who embodies many modern facets of a feminine ideal. She enjoys a popularity whose global reach could never have been considered before the modern era of social networks. Besides, Jeanne Damas first built this image by posting pictures of her own life: her favorite objects, her way of dressing and putting on makeup—with clothes and cosmetics from her own brand. The idea behind this series was to let Jeanne Damas re-play against a neutral background; to recreate gestures, postures, and to put back in scene elements and iconic tools that cement this public conception acclaimed by her fans and by the media. This is what ranks her as an ”icon” in fashion. The result is a study, a kind of investigation or quest for proof into the representation of the body, an enigmatic puzzle of flesh, objects and tools, which in the manner of a « cadavre exquis » brings into play the expression of these aesthetic tacit rules. The latter borrow as much from the classical « contrapposto », the figures of ”Odalisque”, of those of ”femme fatale” in movies holding a cigarette, or as « Pop art » references, from the presentation of the body in a clothes e-shop than from poses while taking selfies.

by Vincent Ferrané

REGULAR PRICE ¥6,000

hardcover
48 pages
215 x 275 mm
black and white
limited edition of 1,000 copies
2019

published by LIBRARYMAN