FLOWER SMUGGLER by Diana Tamane

ラトビア生まれ、エストニアを拠点に活動するアーティスト、ダイアナ・タマン(Diana Tamane)の作品集。

良いアートを作るものは何なのかを簡潔に考えてみると、それはもちろん私たちの目の前にあるものに働きかけて作品を作ることである。発明するのも良いが、未知の世界へと飛び出すポイントが既知のものであるならばなお良い。確かに自分の家族ほど簡単に利用できるモチーフはないが、それは我々が決して逃れることのない土台でもあり、もしそこから逃れようものならば必然的にその基盤から逃避したことになる。ダイアナは自分の家族が生み出した画像素材を形式的かつ技術的に何層にも分け、『誰がどのように誰をみているのか?』という大きな問いや、『カメラの電源を切っている時人はどうしているのか?』『どこまで皮膚というものは我々の最後の境界線となるのか?』『人は死んだらどうなるのか?』という小さな問いを視覚的に明確なものにする。作者はありとあらゆる家族の表現を引き出し、鋭い目で完全に独自の世界観へと変貌させていく。携帯のカメラから、父の過去10年分データが入ったメモリースティック、トラック運転手である母のドライブレコード、Eメールに至るまで、ダイアナは現代の写真/映像のインフラとなっているもの全てのレパートリーを用いる。そしてそれは、人が想像し得る東洋にまつわるあらゆる定型的な表現を満たしつつその定型を覆すためでもある。我々は、彼女のアプローチの裏側に眠っている芸術史的知識を忘れてはならない。そのアプローチは、幸運にも非常に自由であり、学術的な方法ではなく、何にも囚われていないようである。昨今、多くの芸術においてそうであるように、ダイアナの作品の位置付けを確認するための単純な機能しかもたない一文脈は必要ないだろう。最終的に彼女は、まるで過去30年の間に起きたヨーロッパの変革に匹敵するくらい大きなできごとを解説するような「公共的な何か」を伝えるために、家族のような「私的なもの」を用いているのである。」-マーティン・ジャーマン(キュレーター)

If we look briefly at what makes good art, it is of course to work with what is in front of us. Inventions are good, but if the point of escape into the unknown is the known, even better. Certainly nothing is more readily available than one’s own family. It is a matrix we will never leave, and if we escape it, we inevitably escape in relation to it. Diana worked with the image material her family generated on many formal and technical layers, visually formulating such larger questions as: who sees whom in which way, and smaller questions, such as: What is one doing when the camera is turned off? To what extent is a skin really our last boundary, and what happens when one dies? Diana exploits every possible representation of (her) family, and transforms it with a sharp eye into an art that is entirely its own. She uses the whole repertoire of the contemporary photo-filmic infrastructure, from the mobile phone to the memory stick of her father’s product palette from the last 10 years, to the dashcam of her truck-driving mother, to email, also in order to fulfill yet subvert every possible cliché about the East one could imagine. We should not forget the proper art historical knowledge sleeping behind her approach, which she luckily applies in a very liberating, un-academic and free manner. You wouldn’t need a reference with the simple function of affirming the position of her work, as it is with a lot of art these days. In the end, Diana uses something as personal as family to say something public, close to a narration on something as large as the European transformations that took place during the last 30 years.” -Martin Germann

by Diana Tamane , Rosa Smalen

REGULAR PRICE ¥5,600

hardcover
178 pages
225 x 300 mm
color
limited edition of 500 copies
2020

published by ART PAPER EDITIONS