FACE TO FACE by Seiichi Furuya & Christine Gössler [SIGNED]

日本人写真家、古屋誠一の作品集。1973年、作者は日本を離れ、シベリア鉄道に乗りヨーロッパへと向かった。オーストリアに到着してからはウィーンを経てグラーツに移り住み、1978年にクリスティーネ・ゲッスラーと出逢う。グラーツの自宅で過ごした親密な時間から、ドイツ、イギリス、イタリア、そして遠く離れた日本への旅まで、作者は出会ったその日からクリスティーネを撮り続けた。美術史を学んだクリスティーネはラジオでドキュメンタリー番組を制作していた。1981年に息子を出産してからは演劇の世界にのめり込んでいく。演技のレッスンに打ち込む中で、クリスティーネは次第に統合失調症に蝕まれていき、1985年、東ベルリンで自ら命を絶ってしまう。クリスティーネがこの世を去ってからずっと、作者は過去の写真を見返し続けてきた。その成果として、1989年から2010年にかけて「Mémoires(メモワール)」シリーズとして5冊の写真集のシリーズをこれまで発表している。そして昨年、クリスティーネの遺品を整理していた作者は、スーパー8のフィルム、カセットテープ、ポケットカメラのフィルムを見つけた。新たに発見した素材を現像してみると、作者がクリスティーネを撮っている時に彼女も作者のポートレイトを沢山撮っていたことが分かった。本書には、2人の出会いからクリスティーネの死までの7年間に撮影された150枚の写真を『Face to Face』シリーズとして2枚1組で収録。この写真集をもって、作者は生涯をかけて取り組んだ「Mémoires」に終わりを告げるという。

プレオーダー *12月上旬入荷予定

In 1973, Seiichi Furuya left Japan for Europe on board of the Trans-Siberian train. He arrived in Austria where he first settled in Vienna, before moving to Graz where he met Christine Gössler in 1978. From this day forward, he started photographing her, in the intimacy of their home in Graz but also during their travels abroad — to Germany, England, Italy…and Japan, their most distant destination. Christine studied art history and worked for the radio, making documentary programs. After the birth of their son in 1981, she became increasingly involved in the world of theatre. As she was devoting herself to her acting lessons, she started to show signs of schizophrenia. Christine committed suicide in East Berlin in 1985. Since Christine’s disappearance, Furuya has never stopped revisiting his archive. This initiative was presented in a series of five books entitled Mémoires, published between 1989 and 2010. Last year, Furuya came upon super 8 films, tape cassettes and pocket camera films while searching in Christine’s belongings. When processing this newfound material, he realized that Christine took a lot of portraits of him, in the same instants that he was photographing her. Within the course of seven years — from their encounter to Christine’s death — 150 photographs, presented as pairs, compose the Face to Face series. Furuya considers this latest project to be the final act which will put an end to the Mémoires, the work of a lifetime.

Available for pre-order now. *It will be shipped at the beginning of December.

by Seiichi Furuya

REGULAR PRICE ¥8,000

hardcover
168 pages
205 x 255 mm    
color, black and white
2020

SIGNED BY SEIISHI FURUYA

PRE-ORDER *SHIPPED IN EARLY DEC

published by CHOSE COMMUNE