ENCOUNTERS AND COLLISIONS by Glenn Ligon

アメリカ人アーティスト、グレン・ライゴン(Glenn Ligon)の作品集。2015年に「テート・リバプール(TATE LIVERPOOL)」で開催された展覧会に伴い刊行された。

本書は、作者自身による作品に加え、作者が参照した作品や資料、あるいは親和性の高い作品を蒐集している。イギリス人アーティストのクリス・オフィリ(Chris Ofili)、オランダ出身アーティストのウィレム・デ・クーニング(Willem de Kooning)、アメリカ人アーティストのジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)、同じくアメリカ人アーティストのローナ・シンプソン(Lorna Simpson)、キューバ人アーティストのフェリックス・ゴンザレス=トレス(Felix Gonzalez-Torres)、アメリカ人アーティストのジャスパー・ジョーンズ(Jasper Johns)など、作者と他のアーティストによる作品をはじめ、モスクワのV-A-C財団(V-A-C Foundation)の芸術監督であるフランチェスコ・マナコルダ(Francesco Manacorda)、「テート・ブリテン」のディレクターであるアレックス・ファークハーソン(Alex Farquharson)、シカゴ美術館付属美術大学のビデオ、ニューメディア、アニメーション部門の教授でありアーティストのグレッグ・ボルドウィッツ(Gregg Bordowitz)、そして作者自身によるテキストを収録。あわせて、作者が選び引用した約20ほどのテキストから成るアンソロジーが掲載されている。

Glenn Ligon (b. 1960) is one of the most significant American artists of his generation. Much of his work relates to abstract cxpressionism and minimalist painting, remixing formal characteristics to highlight the cultural and social histories of the time, such as the civil rights movement. This new book brings together artworks and other material Ligon references or work with which he shares certain affinities. The book illustrates works by Ligon and other artists—including Chris Ofili, Willem de Kooning, Jackson Pollock, Lorna Simpson, Felix Gonzalez-Torres, and Jasper Johns—accompanied by texts by Ligon, Francesco Manacorda, Alex Farquharson, and Gregg Bordowitz, and an anthology of some 20 texts selected/excerpted by Ligon.

by Glenn Ligon

REGULAR PRICE ¥5,720  (tax incl.)

hardcover
250 pages
216 x 273 mm
color, black and white
2015

published by TATE PUBLISHING