BRIDGET RILEY DRAWINGS by Bridget Riley

イギリス人画家、ブリジット・ライリー(Bridget Riley)の作品集。2022年から2023年にかけて、「シカゴ美術館(Art Institute of Chicago)」、ロサンゼルスの「ハマー美術館(Hammer Museum)」、ニューヨークの「モーガン図書館 & 博物館(Morgan Library & Museum)」で開催された巡回展覧会に伴い刊行された。本書は、作者の紙作品に焦点を当てており、視覚的な実験の手段としてだけでなく、それ自体が芸術作品であることの重要性を探求している。作者は生涯を通じて、特に重要な作品を保存し、常に芸術的な探求と発展を記録するアーカイブを作り続けてきた。本書で紹介するスケッチは、作者自身の意見を取り入れながら、すべてこの個人的なコレクションから集めたものである。初期の具象的な作品から、1960年代のモノクロームの幾何学的な作品、そして長いキャリアの後半を特徴づける色彩の考察へと、作者の歩みを示している。これらの作品群は、作者にとってのライフドローイングの重要性、ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat)やピート・モンドリアン(Piet Mondrian)など、影響を与えた芸術家の重大さなど、さまざまな時代において作者を夢中にさせてきたテーマを探求している。本書は、ドローイングに支えられた、生産的で常に実験的なキャリアの物語を、文字通りに、そして比喩的にも示している。

A fascinating view of the career of Bridget Riley, one of the most significant living artists, through her personal archive of her own works on paper

Devoted exclusively to the artist’s works on paper, Bridget Riley Drawings: From the Artist’s Studio explores the importance of these works not only as a means of visual experimentation but as works of art in their own right. Throughout her working life, Riley has preserved works of particular significance, creating an archive that records her constant artistic inquiry and development. The studies presented in the book are drawn entirely from this personal collection, with Riley’s own input. They demonstrate the artist’s progression from early figurative works, through the monochrome geometry of the 1960s, to the examination of color that has characterized the second half of her long career. The choice of work explores the themes that have absorbed Riley in different periods and highlights key influences: the importance of life drawing to her and the significance of artists such as Seurat and Mondrian. The book illustrates—literally and figuratively—the story of a productive and constantly experimental career, underpinned by drawing.

by Bridget Riley

REGULAR PRICE ¥7,700  (tax incl.)

hardcover
160 pages
244 x 269 mm
color, black and white
2022

published by MODERN ART PRESS

published by YALE UNIVERSITY PRESS