BRANCHES by Sven Lukin

アメリカ系ラトビア人アーティスト、スヴェン・ルーキン(Sven Lukin)の作品集。1934年にラトビア・リガで生まれ、1960年代に初めて変形キャンバスをアートの世界にもたらした。その後ニューヨークの前衛派を代表する画家となったが、1972年にアートシーンから姿を消した。それ以降はマンハッタンのミッドタウンのスタジオで静かに暮らし、木の枝の枠に麻布を張った変形キャンバスを用いたフォーマットで様々な作品を作ってきた。本作は、作品の中でもほとんど知られていないこの彫刻のシリーズからセレクトされた25点を初めて書籍化した1冊。美術史家、美術評論家であるフランシス・コルピット(Frances Colpitt)のエッセイを収録。

In the 1960s, Sven Lukin (b. 1934, Riga, Latvia) introduced the art world to the shaped canvas. Then in 1972, firmly establish among New York’s avant-garden he fled the scene. Lukin has quietly lived and worked in the same studio in Midtown, Manhattan ever since, experimenting with shaped canvases of tree branches and streched jute. Branches presents, for the first time in print, twenty-five sculptures from this little-known part of Lukin’s oeuvre, alongside essays by historian Frances Colpitt.

by Sven Lukin

REGULAR PRICE ¥6,800

hardcover
124 pages
215 x 280 mm    
color
limited edition of 500 copies
2019

published by ZOLO PRESS