ARRANGEMENTS by Carmen Winant

アメリカ・オハイオ州で活動するフォトグラファー、カルメン・ワイナン(Carmen Winant)の作品集。本書は ”複数の写真とそこにはめ込まれた物語を用いて、本から剥がしたページを集める”、そんなシンプルな前提から始まり制作された、多様な解釈の可能性を内包した物語である。作者は10年以上にわたり、ページを切り取り、イメージを互いに引き離し、新たな組み合わせを作り出すことで再文脈化するプロジェクトに取り組んできた。現在進行形のコレクション群の中から各々のイメージを掬いとるように選び、異種のイメージ群をこつこつと収集してきた。その結果、本書はラビ研究や犬の訓練、帝王切開といった外科手術による出産、タントラセックスの方法、夕日が見せる様式といった、実に多様なテーマで構成されていながらも、作者特有の手法や応用が見られる一冊となっている。作者によって構築されたこのページ群は、「テーマ」という概念が本の原動力として機能することを問題視している。作者はむしろ、個別のページや本全体を構成、配置する行為それ自体が意義を持った主題であると捉えている。

This book of multivalent narratives began with a simple premise: the collection of sheets of paper—ripped from books—featuring multiple photographs and inlaid narratives. Across a decade of working on other projects involving pulling images apart from one another, excising them from the page and recontextualizing them as new sets, American artist Carmen Winant (born 1983) diligently collected disparate sheets, skimming them off the top of her other ongoing collections. The book that has resulted from that work is wide-ranging in terms of subject—with sheets depicting rabbinical study, dog training, surgical birth, methods of tantric sex, patterns of the sunset—yet specific in approach and application. Her constructed pages trouble how the idea of “theme” operates as the engine of a book, instead taking the act of arranging, both in discrete pages and as a whole, as its own meaningful subject.

by Carmen Winant

REGULAR PRICE ¥9,350  (tax incl.)

softcover
320 pages
300 x 240 mm
color
2022

published by SPBH EDITIONS