ANDATA-RITORNO by Nathalie Du Pasquier

イタリアを拠点として活動するフランス人アーティスト、ナタリー・ドゥ・パスキエ(Nathalie du Pasquier)の作品集。2018年夏に短期間で描き下ろした50に及ぶドローイングを収録した本作は、現実と空想の世界の間を行き来(ANDATA-RITORNO)する旅のような作品を魅せており、我々の心を釘付けにする。日常でよく目にする物が一時の儚い彫刻のように具象的に描かれ、その横には幾何学図形を用いた抽象的な絵が並び、どちらも色鮮やかに生き生きと描かれている。

本作は、写真作品を中心とした作品集を刊行するフランスの出版社「CHOSE COMMUNE」が手がけるシリーズ「Coup de Crayon」の第2作目。本シリーズは写真から離れ、ペインティング、ドローイング、コラージュ作家それぞれの描き下ろし作品で構成されており、2019年はナタリー・ドゥ・パスキエのほか、イリス・デ・ムウイ(Iris de Moüy)ジョアンナ・タガダ(Johanna Tagada)が参加する。

Nathalie Du Pasquier made the 50 drawings featured in Andata Ritorno in a short time-frame during summer 2018. This book is a captivating journey between reality and the imaginary as Du Pasquier presents everyday objects as transient sculptures next to intriguing geometric shapes that together create colourful and vibrant layouts.

The Coup de Crayon collection presents the personal work of artists practising painting, drawing or collage. For 2019, Coup de Crayon invited Iris de Moüy, Nathalie du Pasquier and Johanna Tagada to imagine a series as a book.

by Nathalie Du Pasquier

REGULAR PRICE ¥5,000

hardcover
68 pages
170 x 225 mm
color
2019

published by CHOSE COMMUNE