AN ACRYLIC GLASS PYRAMID AND THREE PENDULUMS ATTACHED TO A TRIANGLE ON A TABLE by Athene Galiciadis

スイス人アーティスト、アテーネ・ガリシアディス(Athene Galiciadis)の作品集。カタログというものは通常展覧会に合わせて出版され、展示内容の詳細、裏付け、補足、時には批判といった役割を果たす。そして展示作品について書かれたエッセイや写真を厳選することによって完成される。また他の批評家やアーティスト、特に展示を行っているアーティストよりも年上のアーティストについて言及することが多い。すなわち、展覧会のカタログには記憶を補完する働きがある。過去の展覧会の「屍」であるカタログは図書館の芸術書の棚を埋めつくし、芸術として制作されたありとあらゆるものがいつかどこかの時点で展示されていたことを私達に思い起こさせる。過ぎ去った何千もの展覧会の「屍」は、作品とその製作者の人生を直接結び付けるという、後世とって非常に大切な役割を果たしている。本書は作者の生き方と作品に迫っており、展覧会に伴い出版されたわけではなく、収録されている作品も本の出版に先駆けて制作されたものではない。作者と作者に影響を与えた人々の年表という特定のタイムラインに沿って編纂された本書は、独立した作品集かつ比較対象となるべく制作され、今回の刊行で初めて公開されることとなった。グラフ紙にカラー印刷した人物像、螺旋、模様、器、アーティストのセルフポートレイトに加え、20世紀初頭のスイス人のアーティストでありヒーラー(治療師)、ビジョナリー(先見者)でもあったエマ・クンツ(Emma Kunz)にインスパイアされた写真による記録を収録。クンツの作品としては振り子を使ってグラフ紙に描いた幾何学的なドローイングが最も良く知られている。知識と芸術を生み出すことに対するクンツの精緻な実証的アプローチに基づき、作者は新たに一連のドローイングを制作した。その形とパターンによる構成は、自身が感じ解釈した世界に私達を導く。

A catalog usually comes out in connection with an exhibition and serves to elucidate, support, supplement and sometimes even criticize the exhibits. It does so by carefully selecting essays about and views of the exhibits, often by referring to other critics and other artists — who are often older than the exhibiting artists. Thus, contemporary exhibition catalogs serve as accessories to memory. These “corpses” of exhibitions past fill whole shelves in the art book sections of libraries, reminding us that just about everything produced in the way of art has at some point been exhibited. These “corpses” of thousands of bygone exhibitions perform a vital function for posterity, tying the artworks directly into the lives of those who produced them. An Acrylic Glass Pyramid and Three Pendulums attached to a Triangle on a Table draws on the life and work of the artist Athene Galiciadis. This book does not follow in the wake of an exhibition, nor were the artworks in the book produced before the book. Created to stand alone as well as side by side, and along specific timelines — the timelines of the artist and of those who inspired her –, they are shown for the first time here. The book contains color reproductions, printed on graph paper, of figures, spirals, patterns and vases, a self-portrait of the artist as well as photographic documents inspired by Emma Kunz, an early 20th-century Swiss artist, healer and visionary. Kunz is chiefly known for her geometrical drawings, which she executed on graph paper with the aid of a pendulum. Based on Kunz’s precise empirical approach to producing knowledge and art, Galiciadis has produced a new series of drawings, whose configurations of shape and pattern draw us into her perceptions and interpretation of the world.

by Athene Galiciadis

REGULAR PRICE ¥6,200

softcover
207 pages
220 x 290 mm
color
2018

published by EDITION PATRICK FREY