WORKS 2013-2016 by Kai Schiemenz

ドイツ人アーティスト、カイ・シーメンツ(Kai Schiemenz)の作品集。作者は建築が人に及ぼす影響に興味を持つ。地図や表を使うのではなく、模型として提示された空間の体験を通じた実験によってこれらの影響を説明しようとする。ここでは、作者の彫刻作品が構成主義の影響を受けていることは明らかである。最近の陶器作品シリーズは、ベルリンの地下鉄ネットワークのタイルを生産するタイルメーカーと一緒に制作された。本書に収録されているテキストにおいて、キュレーターのスザンヌ・アルトマン(Susanne Altmann)は「このプロジェクトでカイ・シーメンツは土をテーマにしました。彼が使うもう一つの素材であるガラスとは違い、今の彫刻界では土は主流ではありませんが、ここ数年のうちに素晴らしい彫刻作品がいくつも出てきました」と述べている。作者のインスタレーションの様子およびガラスと陶器の作品を収録した本書は、2016年3月から12月にドイツのStädtische Galerie Wolfsburgで開催された展覧会「Große und Kleine — Pistazie / Malve / Koralle (Large and Small: Pistachio / Mallow / Coral)」に伴い刊行された。

Kai Schiemenz is interested in the effects architecture has on people. He does not provide information about these effects using maps and charts but rather by means of experiments, via the experience of the space presented in model form. The influence of the constructivists on his built sculptures is unmistakeable here. For his current series of ceramics, he worked together with a tile maker, who produces the tiling for the Berlin underground network. “In this project Kai Schiemenz enters a terrain ― unlike with glass, another material that he works with ― that is not right in the mainstream but has been spectacularly revitalized in recent years by sculptors,” writes Susanne Altmann in the catalogue. The publication brings together installation views and glass and ceramic pieces made by the artist. It appears in conjunction with his solo exhibition Große und Kleine ― Pistazie / Malve / Koralle (Large and Small: Pistachio / Mallow / Coral) at the Städtische Galerie Wolfsburg (March to December 2016).

by Kai Schiemenz

REGULAR PRICE ¥3,800

softcover
136 pages
230 x 310 mm    
color, black and white
2016

published by SPECTOR BOOKS