SILVER TOWER by Matthias Hoch

ドイツ人ヴィジュアルアーティスト、フォトグラファーであるマティアス・ホッホ(Matthias Hoch)の作品集。旧西ドイツ(ドイツ連邦共和国)は既に過去の歴史である。作者が撮った旧ドレスナー銀行の廃墟の写真は、この事実を一層痛切に感じさせる。フランクフルト・アム・マインの街で最も美しい高層ビルとされた「Silver Tower(銀の塔)」は、1978年に同銀行本社ビルとしてオープンした。建築事務所の「ABB Scheid und Partner」が建設工事を計画し、グラフィックデザイナーのオトル・アイヒャー(Otl Aicher)がコーポレートデザインを手掛けたが、2009年にドレスナー銀行がコルメツ銀行に買収されるとその本社ビルは引き払われた。2009年から2011年にかけて作者はこの廃墟を探訪し、『Silver Tower』シリーズを制作した。当時の時代性を象徴するものや、後々残されたもの、この場所の歴史などを探し求める中で、作者は綿密に構築されてきた表面やその劣化のしるし、光と影の交錯をつぶさに調べ、傷、跡、レイヤーといった痕跡をカメラを使って明らかにした。

The old Federal Republic of Germany is history―a fact made especially poignant by these photos of the abandoned Dresdner Bank building. The tower―the most beautiful high-rise in Frankfurt on Main―was opened in 1978 as the bank’s head office. The construction was planned by ABB Scheid und Partner architects office, the corporate design was developed by Otl Aicher. Following the bank’s acquisition by Commerzbank in 2009 the head office of Dresdner Bank was vacated. In ”Silver Tower”, a series of pictures taken between 2009 and 2011, photographer Matthias Hoch explores the deserted building. He looks for signs and remnants of an era, for the biography of the place. Meticulously structured surfaces, signs of wear and the interplay of light and shade are probed to reveal their traces to the camera: scratches, marks, layers.

by Matthias Hoch

REGULAR PRICE ¥5,500

softcover
124 pages
290 x 240 mm    
color, black and white
2013

published by SPECTOR BOOKS