PROPS by Julian Irlinger

ドイツ人アーティスト、ジュリアン・アーリンガー(Julian Irlinger)の作品集。実業家のヘンリー・クレイ・フリック(Henry Clay Frick)は個人コレクションとして多くの美術品を所有していた。そのコレクションは彼の死後にニューヨークに建つ邸宅で公開され、「フリック・コレクション」という美術館になった。本作は、数多くのアンティーク家具や絵画で装飾されたその内部を撮影した写真を用いモンタージュにしたイメージを収録している。作者は、同美術館のコレクションを紹介する2つの異なるヴィジュアルツアーから生成したイメージを選んで重ね合わせた。一つはフリック・コレクションに委託されてプロの写真家が撮影した写真、もう一つはGoogleのサービスチームが同社のプラットフォームに掲載したイメージである。つまり、写真家が手がけたイメージと見分けがつかないほどそっくりなGoogleの写真を重ねたのだ。緻密なアプローチを用いて作られた画像と安価な方法で作られたものとの違いははっきりと目に見えている。この違いは、写真撮影を委託した側の異なる経済的な関心を象徴しており、本書はデジタル時代における経済、公共圏、芸術の関係性をテーマとした一冊に仕上がっている。

Props deals with the relationship between the economy, the public sphere, and art in the digital age. The book shows montaged images of the inside of the Frick Collection in New York, which is adorned with art and pieces of furniture. The collection was made accessible to the public after the death of its owner Henry Clay Frick. Julian Irlinger superimposes pictures drawn from the stock of images generated by two different virtual tours through the collection in the museum. He uses shots by a professional photographer that were commissioned by the Frick Collection and combines them with other images from a Google service team that have been published on their own platforms. Irlinger overlays a shot of a photographer with an almost identical picture from Google. The differences between a painstaking and cheap approach to the production of images are clearly visible: they symbolize the different economic interests of the people who have commissioned them.

by Julian Irlinger

REGULAR PRICE ¥4,800

softcover in a slipcase
116 pages
217 x 305 mm    
color, black and white
2019

published by SPECTOR BOOKS