PEOPLE IN THE ELEVATOR by Heinrich Riebesehl

ドイツ人フォトグラファー、ハインリッヒ・リーベゼール(Heinrich Riebesehl)の作品集。1969年11月20日に作者はハノーファーの新聞社「Neue Hannoversche Presse」の社屋に行った。カメラはなるべく見えないようにして、エレベーターに乗っている人々の写真を撮るつもりだった。天井の照明の冷たい光で照らされたほぼ四角形の狭い空間、広角レンズとシャッターリリース用ケーブルがついた小型カメラ、この状況と設定には厳密に定義された制約が設けられていた。撮影時間は5時間35分間に及んだことから、出版社を訪れるあらゆる社会階層の断面を見ることができた。この作品は、アメリカ人フォトグラファー、ウォーカー・エバンス(Walker Evans)の有名なニューヨークの地下鉄シリーズと同じく「絵画的な写真」というジャンルに含まれる。ここでは写真の概念的な役割に焦点が置かれ、写真家がイメージを意図的にコントロールする。本書はハノーファーのシュプレンゲル美術館で2016年に開催された大規模な夏の展覧会に伴い刊行された一作。

On 20 November 1969 Heinrich Riebesehl goes to the premises of the Neue Hannoversche Presse. He intends to take photographs in the elevator, pointing his more or less concealed camera at the people he encounters there. The situation and set-up have rigidly defined parameters: a small space whose layout is virtually square, illuminated by cool ceiling lights, and a small-format camera equipped with a wide-angle lens and cable release. The whole shoot lasts 5 hours and 35 minutes and consequently features a cross section of all the social strata in the publishing house. A photographic genre painting that, like Walker Evans in his famous New York subway series, focuses on the conceptual task of photography, where the photographer retains control of the image. People in the Elevator is published in conjunction with the major 2016 summer exhibition at the Sprengel Museum in Hanover.

by Heinrich Riebesehl

REGULAR PRICE ¥4,200

hardcover
112 pages
150 x 190 mm    
black and white
2018

published by SPECTOR BOOKS