YESTERDAY'S TREASURES by Joe Goode, Ed Ruscha

アメリカ人アーティスト、ジョー・グッド(Joe Goode)とエド・ルシェ(Ed Ruscha)の作品集。2021年にケルンの「Galerie Thomas Zander」で開催された2人展「YESTERDAY'S TREASURES」に伴い刊行された。本書では、写真、絵画、紙を媒体とした作品や作品集など、60年間にわたる2人の作品を紹介している。様々なメディアに対する型破りなアプローチにより、両作家はカリフォルニアのアートシーンの発展において重要な役割を果たしている。グッドとルシェはオクラホマシティの同じ高校に通い、ロサンゼルスのシュイナードアートインスティテュートで学んだ。1962年に開催された画期的な展覧会「New Painting of Common Objects」で、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)やロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein)とともに二人の作品も展示され、アメリカで初めての美術館でのポップアート展となった。抽象表現主義に反発して、若いアーティストたちは、光と霞、反射面、合成素材、ありふれたもの、商業文化など、自分たちの環境の視覚的体験に目を向けた。グッドは、光と空間の運動に注目し、作品における視覚的体験について探求する。本書は、二次元のイメージ空間の慣習を破り、表現と抽象の間にある経験の信憑性を問いかける。

The catalogue features works from six decades including photographs, paintings, works on paper and artist's books. With their unconventional approaches to these media, both artists are seminal figures in the development of the Californian art scene. Goode and Ruscha attended the same high school in Oklahoma City and went on to study at Chouinard Art Institute in Los Angeles. Along with Andy Warhol and Roy Lichtenstein, their work was shown in the 1962 groundbreaking exhibit "New Painting of Common Objects". It was considered the first museum Pop Art exhibition in the USA. In reaction to abstract expressionism, the young artists turned to the visual experience of their environment: light and haze, reflecting surfaces, synthetic materials, mundane objects and commercial culture. Joe Goode is associated with the Light and Space movement and innovatively explores the experience of seeing in his works. Breaking the convention of the two-dimensional image space, they question the authenticity of experience between representation and abstraction. Published on the occasion of the exhibition, Yesterday’s Treasures at Galerie Thomas Zander, Cologne in 2021.

by Ed Ruscha , Joe Goode

REGULAR PRICE ¥6,160  (tax incl.)

softcover
104 pages
230 x 300 mm
color
2021

published by WALTHER KÖNIG