IRAN / A PICTURE BOOK by Oliver Hartung

ドイツ人フォトグラファー、オリバー・ハルトゥング(Oliver Hartung)の作品集。1979年の革命以降イランでは、公共空間が変化の進行中である場所、あるいは国に認可された宗教的なイデオロギーが写し出されるスクリーンとしての役割を担い、独自のイメージカルチャーが発達していった。こうした公共空間の中でも、イラン・イスラム共和国の創造神話の一部になっている最初の湾岸戦争(1980年から1988年のイラン・イラク戦争)を祈念する場所は最も重要なものとされている。2011年から2014年に作者はイランをテーマに、記念碑、壁画、建築、戦争犠牲者の墓地などを類型学的に捉えたシリーズを制作した。この作品は、非常にフォトジェニックであるにも関わらず西洋ではほとんど知られていないイランという国のポートレイトとなっている。例えばダームガーンでは巨大な小麦の束が街灯として使われ、イスファハーンではインターネットのシンボルが描かれた手榴弾がワールドワイドウェブ(www)につきまとうリスクの可能性を示唆している。撮影された場所の名前は英語で表記されている。

Since the 1979 revolution, Iran has developed its own image culture, with public space serving primarily as a transit zone and a screen where state-sanctioned religious ideology is projected. Pride of place is given to memorials to the first Gulf war (the Iran-Iraq War of 1980–88), which is part of the founding myth of the Islamic Republic. Between 2011 and 2014 Oliver Hartung produced a work on Iran, typological series of images depicting monuments, murals, architecture, and war cemeteries. In it he creates a portrait of an exceptionally photogenic country that is nevertheless largely unknown in the West: in Damghan a colossal ear of wheat acts as a street lamp and in Isfahan a hand grenade with an Internet symbol suggests the potential risks inherent in the world wide web. The names of the places where the photos were taken are provided in English.

by Oliver Hartung

REGULAR PRICE ¥6,400

softcover
340 pages
225 x 310 mm    
color
2016

published by SPECTOR BOOKS