I SEE THAT I SEE WHAT YOU DON’T SEE by Het Nieuwe Instituut

オランダの建築、デザイン、デジタル文化に関する機関「Het Nieuwe Instituut」の作品集。同機関で研究開発ディレクターを務めるスペイン人建築家のマリーナ・オテロ・ヴェルジエ(Marina Otero Verzier)と、同じくエージェンシー長を務めるキュレーターのフランシエン・ヴァン・ウェストレネン(Francien van Westrenen)による編集。2019年3月から9月まで開催された第22回ミラノ・トリエンナーレ国際展示会においてオランダ公式出品作品として、またロッテルダムの拠点で10月から12月まで開催された「SEE THAT I SEE WHAT YOU DON’T SEE」に伴い刊行された一作。

本作は、曖昧さを内包した多層的な暗闇の概念を提示する1冊。宇宙的で自動化された、目では見ることができないように思われる様々な環境を巡り、通常は見られない、あるいは私たちが敢えて目を向けようとしないもの、および見ることの可能性と抑圧や開放のかたちとの関係性を探求する。表紙はルディー・ゲジ(Rudy Guedj)によるグラフィックデザイン。さらにここでは、「見る」こと、および通常は隠されたままになっているものを「明らかにする」という行為を実践するにあたって光を「英知」や「知識」の暗喩として使うことを意図的に避けている。むしろ、本書に収められている多様な作品が目指しているのは、光の利用や剥奪、あるいは過度の露出が様々な身体に及ぼす対照的な影響、人や人以外のものの行動に放射能が与える影響、目に見えなくともあらゆるところに浸透しているデジタルアーキテクチャーとの共存、宇宙とのシンクロニシティの事例についての見解、これらの領域におけるデザインの役割の理解だとも言える。またこれらの事例は、どれも現代の風景-何もかもが密接につながり、管理されている環境、デザインという行為を執拗に繰り返した結果出来上がった世界、自然、環境、テクノロジー、文化の間の境界が加速度的に薄れ、光と闇のサイクルに合わせて変化する身体に影響を及ぼす世界-の断片的な肖像を描き出している。

本書においてデザインは、問題に対する解決策というよりはむしろ、それが解決すると主張している問題の一部になっていることが多い行為として位置づけられている。デザインと生物学、法医学、宇宙論、アクティビズムとのクロスオーバーを確立し、デザインされた製品の伝統的な概念を超越することによって、本書はデザインの訓練と実践における市場の支配や支配的な権力に挑戦しようとする。またこれは、Het Nieuwe Instituutがこれまで何度も追求してきたテーマでもある。収録されている文章は、その1つ1つが永続的に行われる動作の状態に影響されがちな私たちの知覚をより研ぎ澄ますことを目標とし、既存の範囲を逸脱する場としての空間を開くための批判的な実践を提示している。

本作が出展された第22回ミラノ・トリエンナーレ国際展示会は「Broken Nature: Design Takes on Human Survival」(人類の生き残りをかけたデザイン)というテーマのもとに、自然や社会の生態学的システムを含む人間と環境との関係回復においてデザインが果たし得る役割の可能性が探求された。MoMAの建築デザイン部門シニアキュレーター兼研究開発ディレクターのパオラ・アントネッリのキュレーションにより、2019年3月1日から9月1日まで開催された。

Het Nieuwe Instituut staged two presentations during the international design week from 9 to 14 April 2019 in Milan, that both focus on design research. I See That I See What You Don't See is the official Dutch contribution to the XXII Triennale di Milano, and the New Material Award presents innovative material research at Alcova.

I See That I See What You Don't See
The Dutch pavilion responded to the overarching theme of the triennial with a presentation about our relationship with darkness. The natural distinction between day and night, between the periods of work and rest, are no longer self-evident. Our world is always 'on', and the simple experience of a clear starry sky has become a rarity, with the Netherlands now known to be one of the most illuminated countries on the planet. How do we approach this phenomenon? What responsibility and mandate does the designer have, and what options are there for a critical response?

I See That I See What You Don't See has been compiled by Angela Rui (independent curator and researcher) in collaboration with Marina Otero Verzier (director of research, Het Nieuwe Instituut) and Francien van Westrenen (head of agency, Het Nieuwe Instituut).

The book I See That I See What You Don’t See presents a layered, non-binary notion of darkness. Navigating through cosmic, automated and seemingly invisible environments, it looks into what we do not generally get – or choose – to see, as well as the relationship between the possibility of seeing and forms of oppression and emancipation.
The cover of I See That I See What You Don’t See. Graphic design by Rudy Guedj.
In this publication, the exercise of seeing and revealing what generally remains concealed purposely avoids the metaphor of light as wisdom and knowledge. Rather, diverse contributions aim for an understanding of the contrasting effects of light access, deprivation and overexposure on different bodies; the influence of radiation on human and non-human behaviours; the coexistence with the invisible yet pervasive architecture of the digital; the perception of instances of synchronicity with the cosmos; and the role of design in these realms.

All these instances construct a fragmented representation of a contemporary landscape – a hyperconnected and controlled environment; one that is the result of persistent acts of design, and one where the borders between nature, ecology, technology, and culture increasingly fade, altering the body’s changing relationship with the cycles of light and darkness.

Design is not positioned as a solution to a problem here, but rather as a practice that is often part of the problems that it claims to solve.

By establishing crossovers between design and biology, forensic science, cosmology or activism, and venturing beyond the traditional notion of the design product, this publication aims to challenge the dominance of the market, as well as hegemonic powers, in the design discipline and practice – a recurring pursuit of Het Nieuwe Instituut. In sharpening our perception, which tends to be affected by the condition of permanent performance, each contribution offers a critical practice through which to open spaces for transgression.

La XXII Triennale di Milano
The XXII International Exhibition of La Triennale di Milano, titled Broken Nature: Design Takes on Human Survival, set out to investigate the potential role of design in restoring the relationships between human beings with their environments, including both natural and social ecosystems. Broken Nature took place from March 1 to September 1, 2019 and was curated by Paola Antonelli, senior curator of Architecture and Design and director of Research & Development at The Museum of Modern Art.

by Het Nieuwe Instituut

REGULAR PRICE $31.00

softcover
416 pages
140 x 200 mm    
black and white
2020

published by HET NIEUWE INSTITUUT