A CLOSE UP OF A LARGE ROCK, I THINK by Sebastian Stadler

チューリッヒを拠点に活動するフォトグラファー、セバスチャン・ステッドラー(Sebastian Stadler)の作品集。写真シリーズ「L’apparition」(2015–2019)に画像認識ソフトウェアが生成したテキストを組み合わせた一冊。

単独であれシリーズ中の1点であれ、全てのイメージは二重露光で融合させた構図になっている。これといって特別なところのない光景や場所と、デジタルのテクスチャや表面の組み合わせから1つのイメージが浮かび上がることもあれば、人工的に作られたイメージであることをほとんど感じさせない場合もある。写真には、本のタイトルのようなためらいがちな描写か、イメージと関連性のない引用文かのいずれかが添えられている。どちらのタイプのテキストも、ステッドラーが他の作品でも使っている画像認識アルゴリズムに「L’apparation」のイメージを入れて生成または入手したものである。このアルゴリズムは、まず初めに見つけてきた言葉に「I think」という謙虚な言葉を付けて提示する。次のステップでは巨大なテキストデータベース「プロジェクト・グーテンベルク・デジタルライブラリ」を相互参照し、特定したイメージの内容を踏まえて、それと関連性のない引用文を見つけてくる。また、イメージを重ね合わせるこのプロセスをより一層分かりやすく表現するために、ポリエステルフィルムにスクリーンプリントを施した表紙が採用されている。

Sebastian Stadler’s book work A Close Up of a Large Rock, I Think combines the artist’s photographic work L’apparition, 2015–2019 with text generated by image-recognition software.

Each of the images, whether single or in a series, is a double exposure composition: a relatively generic scene or location is merged with a digital texture or surface. This combination sometimes punctures the image; on occasion it barely makes the viewer aware of the artifice of the reproduction. The photographs are combined with two forms of text: either a tentative description, like the book title, or what reads like an unmoored quotation. Both have been generated or sourced by an image-recognition algorithm that Stadler has employed in other works; this has been fed the images of L’apparation. The algorithm first presents its findings with the modest addendum ‘I think’. In a second step this has been cross-referenced with a huge text database, the Project Gutenberg digital library, in order to source unrelated quotations that accord with the image content identified. A screen-printed mylar cover around the publication further articulates the image-layering process.

by Sebastian Stadler

REGULAR PRICE ¥8,250  (tax incl.)

softcover
124 pages
245 x 320 mm
color, black and white
2021

published by KODOJI PRESS