BUTTERFLY PAINTINGS by Mark Grotjahn

アメリカ人アーティスト、マーク・グロッチャン(Mark Grotjahn)の作品集。本作「Butterfly」シリーズでは、作者がこれまでに取り組んできた自然界についての探求がテーマとなっており、平面に奥行きをもたせる錯覚を生み出す複数の消失点によるルネッサンス以来の遠近法的技法が用いられている。同シリーズは、ロシア構成主義やオプ・アートといった近代絵画の作品をほのめかしながらも、一見幾何学的かつ図形的にみえるが、光線のような「蝶の翅」は質感や色調の深みを与えるために、しばしば下絵の上に何度も重ねて描かれている。本書は、2014年にNYの「BLUM & POE」のこけら落としとして開催された「MARK GROTJAHN: BUTTERFLY PAINTINGS」展に伴い刊行。同展の様子を紹介するカラー図版とともに、2000年初頭より制作されてきた「Butterfly」シリーズの成り立ちについて美術史的文脈から論じた、キュレーターであり作家のダグラス・フォーグル(Douglas Fogle)によるエッセイを収録。

Mark Grotjahn's ongoing Butterfly series--one of several investigations into the natural world in Grotjahn's oeuvre--focuses on perspectival techniques used since the Renaissance, such as dual and multiple vanishing points, to create the illusion of depth on a two-dimensional surface. Though at first the Butterfly paintings may appear entirely formal and graphic (alluding to modernist painting from Russian Constructivism to Op art), the raylike "butterfly wings" are often layered over under-paintings, giving them texture and tonal depth. This volume, published to accompany the first exhibition of Grotjahn's butterfly paintings at Blum & Poe in New York, not only collects these arresting compositions, but also delves into the artistic contexts involved, in an essay by Douglas Fogle that discusses the history of the Butterfly works since their conception in the early 2000s.

by Mark Grotjahn

REGULAR PRICE ¥4,600

hardcover
56 pages
178 x 254 mm
color
2014

published by BLUM & POE