MATTER by Aleix Plademunt

スペイン人フォトグラファー 、アレイクス・プラドモント(Aleix Plademunt)の作品集。本作は、2021年10月から2022年2月にかけてスペインの「バルセロナ現代美術館(MACBA)」で開催されたグループ展「Notes for an Eye Fire」で発表された一作。

物質は不変である。最初からそこにあり、この先もずっと存在し続けるだろう。「Matter(マター)」という用語の語源は、ラテン語で母を意味する「mater(マーテル)」に由来する。「マター」とは全てのものを構成する物質を指し、英語では、緊急性や重要性、つまり何か心配事があることを表す言葉でもある。2013年以降、作者は最も大規模な写真プロジェクト「Matter」を制作し続けている。これは、昔ながらの「存在」に対する疑問に取り組んでいるということであり、我々の起源を掘り下げている。物質そのものは無気力かつ不動であり、繁殖することができない。しかし、それは命につながっている。ビッグバンの急激な膨張は全てを生み出した。その循環の過程の中で、生物は、成長し、学習し、進化し、そして死ぬというように、さまざまな変化を遂げるが、物質は常に存在し続けるのである。

Matter is a constant. It was there from the beginning and it will remain long into the future. The word matter is derived from mater, the Latin word for mother: matter refers to the substance from which all things are made. In English, the word can also indicate urgency or importance—something to be concerned about. Since 2013, Aleix Plademunt has been working on Matter, his most extensive photographic project. It tackles the age-old question of existence. It delves into our origins. Matter itself is inert, motionless, unable to reproduce. But it leads to life. The Big Bang’s radical expansion created everything. During its life cycle an organism undergoes many changes—it grows, learns, evolves, and dies—but matter always remains.

by Aleix Plademunt

REGULAR PRICE ¥9,900  (tax incl.)

softcover
640 pages
225 x 310 mm
color, black and white
2022

published by SPECTOR BOOKS