CARMIN PROFOND by Pierre Escot

フランス人の作家、詩人、写真家、ビジュアルアーティスト、ピエール・エスコ(Pierre Escot)の作品集。

本書は、展覧会を本の形に置き換えたものではあっても決して「カタログ」ではない、それ自体が1つのオブジェとしてデザインされている。本書は、言葉を用いて色彩画を再構築する。白地に黒で印刷することにより、空間化する遊びを介し、形とリズムがページ上に現れる。グラフィックデザインとテキストは、具体的で空間的な詩との関連性において、一連の抽象的な表現を通じて結びついている。これは、空虚な空間と充足した空間の関係における、物質と色彩の密度を明らかにする作品である。

The transposition of an exhibition into a book format, spatialising concrete poetry on the page (artist's book).

Carmin Profond is the transposition of an exhibition into the format of a book. However, it is not a catalog: the work is designed as an autonomous object. Carmin Profond recomposes, through words, paintings of color.
Printing in black on a white background brings out, through a play of spatialization, shapes and rhythms on the page.
In a connection with concrete and spatial poetry, graphics and text combine through a series of abstract representations.
A work which reveals the density of matter and color in the relationship between empty and full spaces. Artist's book.

by Pierre Escot

REGULAR PRICE $43.00

softcover
156 pages
210 x 297 mm
black and white
limited edition of 300 copies
2023

published by VROUM