I WILL SURVIVE by Hito Steyerl [SALE]

ドイツ人映像作家、ヒト・シュタイエル(Hito Steyerl)の作品集。現代社会の中で芸術や美術館が担っている役割を考察する際、作者の作品やテキストで示した見解は非常に参考になる。またこれらは、様々な形式のメディア表現を用いて実験的な作品を作ったり、人工知能とその利用について批判的な考察をしたりする際にも非常に重要である。この30年間、作者はアナログイメージとそのモンタージュの持つ多様な可能性から、デジタルのスプリットイメージの流動性と、それが戦争や虐殺、資本の移動などの表現に対して及ぼした影響まで、カメラが写し出すイメージの変化を追い続けてきた。作家のブライアン・クアン・ウッド(Brian Kuan Wood)は、作者が提示するデジタル・ビジュアルワールドについて「私たちはもはやバーチャルではなく、まだよくわからない、おそらく全く別の具体的な概念に向き合っています。それについて私達はようやく理解し始めたばかりです」と書いている。本書は、2020年秋にパリの「ポンピドゥー・センター」とデュッセルドルフの「ノルトライン・ヴェストファーレン州立美術館」で開催された作者の展覧会に伴い刊行された。本協同プロジェクトは、ドイツ連邦文化財団の助成を受けて行われている。

ノラ・M・アルター、カレン・アーチー、テレサ・カストロ、アレクサンドラ・ドラージュ、フロリアン・エブナー、トーマス・エルセサー、アヤム・グラオウィ、トム・ホラート、ドリス・クリストフ、マルセラ・リスタ、ヴァネッサ・ジョアン・ミュラー、フロレンティーヌ・マーリー、マーク・テルケシディス、ブライアン・クアン・ウッドによるテキストの他、ヒト・シュタイエルとトレバー・パグレンによる講演の書き起こしを収録。

本商品は輸入や輸送時のダメージ品、印刷や製本不良品、もしくはサンプル使用したものとなります。コンディションやダメージの詳細につきましては、商品詳細欄にてご覧ください。尚、購入後の返品・交換は出来かねますのでご了承ください。

The positions adopted by Hito Steyerl in her works and texts are of key importance in any consideration of the contemporary role that art and the museum play in society. They are also crucial to experimental forays into different forms of media presentation and to the critical examination of artificial intelligence and its uses. Over the past thirty years, the artist has been tracking the way camera images have mutated, from the analogue image and its manifold possibilities for montage to the fluidity of the split digital image and the implications this then had for the representation of wars, genocides, and capital flows. “We are no longer dealing with the virtual but with a confusing and possibly alien concreteness that we are only beginning to understand,” writes Brian Kuan Wood of the digital visual worlds that the artist presents. The book is being published in conjunction with Hito Steyerl’s survey show, which will take place in autumn 2020 at the Centre Pompidou in Paris and the Kunstsammlung Nordrhein-Westfalen in Düsseldorf. The cooperative project is funded by the German Federal Cultural Foundation.

With texts by: Nora M. Alter, Karen Archey, Teresa Castro, Alexandra Delage, Florian Ebner, Thomas Elsaesser, Ayham Ghraowi, Tom Holert, Doris Krystof, Marcella Lista, Vanessa Joan Müller, Florentine Muhry, Mark Terkessidis, Brian Kuan Wood, and a lecture by Hito Steyerl and Trevor Paglen.

This product is mainly due to damage during shipping or import. Please refer to each product page for details on condition and damages. Please note that we cannot accept any returns or exchanges.

by Hito Steyerl

SALE PRICE ¥3,360 REGULAR PRICE ¥5,600

softcover
448 pages
200 x 285 mm    
color, black and white
2020

CONDITION:C (表紙折れ・中表紙角破れ / folded, tear in edge)

published by SPECTOR BOOKS