BELONGS TO JOE by Casper Sejersen [SALE / CONDITION: C]

デンマークを拠点とするフォトグラファー、キャスパー・セイェルセン(Casper Sejersen)による、ラース・フォン・トリアー監督の映画『ニンフォマニアック』の台本への解説として編集されたフォトエッセイブック。プルーストの『失われた時を求めて』やフィボナッチ数、アイザック・ウォルトンの『釣魚大全』、バッハの作曲原理など様々な要素が映画の台本に用いられている。キリスト教会の歴史や、サディズム、ファシズム、植物学など様々な題材が重なり合って複雑になった物語を、作者の写真と美術歴史学者、Cecilie Høgsbroの文章で紐解いていく。

本商品は輸入や輸送時のダメージ品、印刷や製本不良品、もしくはサンプル使用したものとなります。コンディションやダメージの詳細につきましては、商品詳細欄にてご覧ください。尚、購入後の返品・交換は出来かねますのでご了承ください。

Belongs to Joe is a photographic essay, compiled as set of notes on Lars von Trier’s film script for Nymphomaniac. The script’s elemental material draws from varied sources: Proust’s In Search of Lost Time, Fibonacci numbers, Izaak Walton's The Compleat Angler, and Bach’s principles of composition – material woven in a continuous chain of associations embracing ecclesiastical history, sadism, fascism, pyrotechnics and botany.

This product is mainly due to damage during shipping or import. Please refer to each product page for details on condition and damages. Please note that we cannot accept any returns or exchanges.

by Casper Sejersen

SALE PRICE ¥5,500  (tax incl.) REGULAR PRICE ¥8,250

hardcover
160 pages
247 x 305 mm
color
2015

CONDITION:C (角破れ / tears in edge)

published by MACK