AMC2 JOURNAL ISSUE 11 : A GUIDE FOR THE PROTECTION OF THE PUBLIC IN PEACETIM

先史時代から現代に至るまでの資料や記録を蒐集するAMCから発行される「Amc2 journal」シリーズ。写真を中核とした幅広いテーマを扱う膨大なコレクションの中からイメージを編集し絡み合わせることで、思い掛けないような世界の本質が浮かび上がってくる。Issue 11では、イギリス「テート・モダン」で2014年11月から2015年3月まで開催された「Conflict, Time, Photography」展に設けられた「Archive of Modern Conflict」のコレクション展示を元に構成。戦争の過程が引き起こす取り込みや荒廃、破壊、発狂、興奮、高揚、腐敗、驚愕、動揺といった様々な要素から見つめた戦争の風景を提示している。勇敢な騎士道の理想形を表すペイントや羽といったような原始の部族的な忠誠心から、引き金やスイッチなどの科学的な分析まで、争いの精神に関して深く掘り下げている。撮影者の中には著名なカメラマンもいれば、争いの渦中に人々が巻き込まれていく瞬間をカメラで捉えた名前も分からないアノニマスな人々も含まれている。

Published to coincide with Archive of Modern Conflict's contribution to the exhibition Conflict, Time, Photography at Tate Modern, London, Amc2 Journal Issue 11 (A Guide for the Protection of the Public in Peacetime) presents the landscapes of war as viewed by those co-opted, blighted, disrupted, demented, excited, uplifted, corrupted, dumbfounded and unbalanced by its process. It explores the psyche of conflict – from the primal tribalism of paint and feathers through the ideal of the chivalrous warrior to the scientific clinicality of triggers and switches. Photographers include household names as well as many of the unremembered people whose captured moments carry us to the zone of discord.

REGULAR PRICE ¥6,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
144 pages
200 mm x 260 mm
color, black and white
2014

published by AMC (ARCHIVE OF MODERN CONFLICT)