JACQUES MOESCHAL by Jacques Moeschal [SALE]

ベルギー人建築家・彫刻家、ジャック・モエシャル(Jacques Moeschal)の作品集。本書は、作者のアーカイブをキュレーターのアンジェリーク・キャンペンと「Architecture Curating Practice」、ブリュッセルの美術センター「BOZAR」による共同リサーチ・プロジェクトをまとめたもの。ブリュッセルのアカデミー王立美術学校で学び始めた作者は、コンクリートの彫刻的可能性に魅了されていった。民主化が進む戦後ベルギーで、高速道路網の一部として風景に溶け込んでいる巨大な彫刻で広く知られていた。その彫刻はベルギーの無味乾燥な高速道路のランドマークになっており、車を運転していると突然視界に現れる堂々とした作品を人々は今も楽しんでいる。設計図、映像の断片、模型、介入などを様々なキーワードを元に制作された本書は、これまであまり知られてこなかった作者の作品に見る芸術と建築の関係性に焦点を当てている。

本商品は輸入や輸送時のダメージ品、印刷や製本不良品、もしくはサンプル使用したものとなります。コンディションやダメージの詳細につきましては、商品詳細欄にてご覧ください。尚、購入後の返品・交換は出来かねますのでご了承ください。

Together with curator Angelique Campens and Architecture Curating Practice, BOZAR delves into the archives of Belgian architect and sculptor Jacques Moeschal (1913-2004). As a student at the Académie Royale des Beaux-Arts in Brussels, he quickly became fascinated with the sculptural possibilities of concrete. In the wake of the democratization in post-war Belgium, Moeschal is best known to the general public for his monumental sculptures that form an integral part of the freeway network. Passers-by enjoy themselves to the full when, from their car, they suddenly come across an imposing work by Moeschal. The sculptures have become landmarks on our monotonous motorways. On the basis of plans, film fragments, models and interventions by contemporary artists, the exhibition will zoom in on the relationship between art and architecture in Moeschal’s underexposed work.

This product is mainly due to damage during shipping or import. Please refer to each product page for details on condition and damages. Please note that we cannot accept any returns or exchanges.

by Jacques Moeschal

SALE PRICE ¥4,840  (tax incl.) REGULAR PRICE ¥6,050

softcover
180 pages
220 x 315 mm
color, black and white
2017

CONDITION:B (角潰れ・裏汚れ / soiling on back cover)

published by WALTHER KÖNIG