WINDOWS MIRRORS TABLETOPS by Lucas Blalock [SIGNED]

LAを拠点とし、2013年にはNY、MoMA PS1(ニューヨーク近代美術館)で企画されたグループ展 “New Pictures of Common Objects” に参加したアメリカ人アーティスト、ルーカス・ブレイロック(Lucas Blalock)の作品集。本作では18ヶ月間にもわたって撮影された作品がまとめられ、その膨大な量から一枚一枚の写真が到達点なのではなく「デジタルを前提とした環境で写真を撮るということは何を意味するのか」という問いに対するブレイロックの思考の痕跡であり、それぞれが出発点なのだということが伝わってくる。ロンドンを拠点に作家、キュレーター、アーティストとして活動するDavid Companyとの対談を収録(別冊)。

Lucas Blalock plays with the conventions of photography by exploring its limits and inherent contradictions. He examines not only the photograph's subject but also the internal information of its making. Transposing Bertholt Brecht’s theory of alienation into photography by making the mechanics of the tools of production an evident part of the picture, Blalock then forces the viewer to question the conflicting realities set before them and, in turn, the contemporary condition of photography itself. Includes a conversation between David Campany and Lucas Blalock.

by Lucas Blalock

REGULAR PRICE ¥25,000

hardcover
238 pages
200 x 250 mm
color
limited edition of 1,000 copies
2014

SIGNED BY LUCAS BLALOCK

published by MÖREL