REMAINS TO BE SEEN by Mona Hatoum

ロンドン在住のパレスチナ人アーティスト、モナ・ハトゥム(Mona Hatoum)の作品集。ロンドンのギャラリー「White Cube」で2019年に開催された個展に伴い刊行された。鑑賞者がギャラリーの中を歩き、1つ1つの作品に出合う体験を出発点としたインスタレーションの様子や、各作品とその詳細を豊富な図版で紹介する。エディンバラのThe Fruitmarket Galleryのディレクターであるフィオナ・ブラッドリー博士(Dr Fiona Bradley)によるエッセイでは、新作および近年制作された彫刻作品と紙に描いた作品の複製について掘り下げる。拘束のシステム、監視の構造、流動性と紛争のテーマなど、作品には現在の世界情勢に端を発するテーマが作品に反映されている。鉄、レンガ、コンクリート、瓦礫、ガラス、毛髪に至るまで、作者の用いる幅広い素材は詩的な力を発し、我々の体験と共鳴する意味を暗に示している。またここではミニマリスト彫刻の特徴である幾何学的な厳密さと、その形式による崩壊の可能性の両方を活用し、グリッドと球体の本質的なかたちを探求している。

プレオーダー *11月下旬入荷予定

Taking as its point of departure the experience of a visitor walking through the galleries and encountering each of the works, this book is a record of Mona Hatoum’s 2019 solo show at White Cube Bermondsey, London. With generous installation views, individual works and accompanying details, the reproductions of new and recent sculpture and works on paper are the subject of an in-depth essay by Dr Fiona Bradley. Hatoum’s work reflects on subjects that arise from our current global condition, including systems
of confinement, the architecture of surveillance and themes of mobility and conflict. Channeling the poetic charge and metaphoric resonance of a wide range of materials from steel, brick and concrete, to rubble, glass and human hair, Hatoum explores the elemental forms of the grid and the sphere, drawing on both the geometric rigour of Minimalist sculpture and the possibilities for its formal collapse.

Available for pre-order now. *It will be shipped at the end of November

by Mona Hatoum

REGULAR PRICE ¥8,250  (tax incl.)

hardcover
120 pages
295 x 240 mm
color
limited edition of 1,000 copies
2019

PRE-ORDER *SHIPPED IN LATE NOV

published by WHITE CUBE