下田市 (SHIMODA) – AMBIENT VISIONS OF A DOT by Zin Taylor [SALE]

本商品は輸入や輸送時のダメージ品、印刷や製本不良品、もしくはサンプル使用したものとなります。コンディションやダメージの詳細につきましては、商品詳細欄にてご覧ください。尚、購入後の返品・交換は出来かねますのでご了承ください。

カナダ出身のアーティスト、ツィン・テイラー(Zin Taylor)の作品集。本書は、作者が静岡県・伊豆半島の先端にある港町、下田市を1日歩き回った時の記録である。古いソニーのサイバーショットで撮ったハイコントラストのモノクロ写真に写し出された風景は、寓話的な物語に満ち溢れている。作者は制作プロセスの中でカメラを熟練した旅のお供として、またこの牧歌的な環境に根差している純化された影響を探り当てることに長けた道具として使用している。こうしてできたイメージとアーティスト自身による文章は、1つのものが何か別のものに変わる時の抽象的かつ超現実的で神秘的、時には幻想的な変化について語っている。一連の「アンビエントビジョン」は、下田の風景が色鮮やかな形の言語に変わる気まぐれな変化の記録である。テキストは英語以外に日本語でも収録。

This product is discounted mainly due to damages during shipping or import. Please refer to each product page for details on condition and damages. Please note that we cannot accept any returns or exchanges.

In Zin Taylor’s ‘Ambient Visions of a Dot’, the artist records a day spent walking around the coastal village of Shimoda, Japan. Captured in black and white, using an old Sony Cyber-shot camera, the high contrast photographs explore a landscape rich with allegorical content. As a process of creation Taylor uses the camera as a skillful travel companion, one that is particularly adept at teasing out the sublimated influences embedded within this bucolic environment. The resulting images, along with a text written by the artist, address the abstract, surreal, uncanny, and sometimes hallucinogenic transformations of one thing into another. A series of ambient visions that document a landscape’s whimsical metamorphosis into a language of chromatic form.

by Zin Taylor

SALE PRICE ¥2,750  (tax incl.) REGULAR PRICE ¥3,850

softcover
96 pages
150 x 210 mm
black and white
2020

CONDITION:B (上部スレ捲れ / folded over, scratches)

published by ART PAPER EDITIONS