MANIFEST by Charlotte Posenenske

ドイツ人アーティスト、シャルロッテ・ポゼネンスケ(Charlotte Posenenske)の作品集。1960年代におけるドイツのミニマリズムを代表するアーティストの一人である作者は、ハンネ・ダルボーフェン(Hanne Darboven)、ドナルド・ジャッド(Donald Judd)、ソル・ルウィット(Sol LeWitt)らとともに作品を発表してきた。素材や生産、著作権において革新的かつ民主的な思想を持っていた作者は、アメリカのミニマリスト作家らから一歩先へと踏み込み、作品群に鑑賞者を参加させる要素を取り入れ、参加型アートを先駆けた。制作活動を放棄し、工場労働や工業生産の研究を専門とする社会学者になる1968年、作者は同年5月号の『Art International』 にマニフェストを寄稿した。本書は、元パートナーであり、作者のエステートの管理者である社会学者、作家のブルクハルト・ブルン(Burkhard Brunn)による解説が収録されており、作者の作品群を深く掘り下げている。

ギャラリストのダニエル・マルゾーナ(Daniel Marzona)、キュレーターのヨーグ・ダウル(Jörg Daur)、キュレーターのアストリッド・ウェーゲ(Astrid Wege)と美術史家のステファニー・ブラウアー(Stefanie Bräuer)による寄稿を収録。ブルン自身の専門知識は、作者とのコラボレーションや、作者の没後、財団の理事として数々の展覧会を企画したことから得ている。

This book, Burkhard Brunn's commentary on the manifesto Charlotte Posenenske wrote in 1968, will help build a deeper understanding of her art. It goes hand in hand with Renate Wiehager's "Charlotte Posenenske," which devotes particular attention to the artist's objects, and the volume "Charlotte PosenenskeDie fruhen Jahre," which includes an essay by Philipp Kaiser about the minimalist conceptual artist's paintings. The three volumes lay the foundation for further reflections by experts; Daniel Marzona, Jorg Daur, Astrid Wege, and Stefanie Brauer have contributed essays to this book. Brunn's own expertise derives from his collaboration with the artist and the many posthumous exhibitions he organized as the trustee of her estate.

by Charlotte Posenenske

REGULAR PRICE ¥7,700  (tax incl.)

hardcover
128 pages
240 x 290 mm
color, black and white
2013

published by DISTANZ